Kodak PLAYSPORT2のレビュー - Kodak PLAYSPORT2 通販

Kodak PLAYSPORT2のレビュー








amazonで最も参考になったカスタマーレビュー

を紹介します。



Kodak PLAYSPORT2の画質について



この価格では申し分無いです。

1万円台のカメラでは今のところ、
これに勝る物は無いのではないでしょうか。

32インチのテレビで見てみましたが綺麗でした。

前置きしますと、安物のCMOSカメラは
30FPSとうたいながら非常にパンに弱いのです。

動画サイトの安物カメラのテスト動画や
サンプルを見ても撮影者がいかにパンに気を
払いながら撮影しているのかが分かります。

カメラを上下・左右に動かすと被写体や背景が
ブレて録画されてしまいます。

同じく近くの被写体が早く動いても。

このカメラは1280×720ピクセルのみ
60FPSで撮影することが出来るので
パンや被写体の動きに非常に強く、
なめらかに撮影録画することが出来ます。

1920×1080ピクセルで30FPSも可能ですが、
私見ではやはり1280×720の60FPSで
撮影してる方がなめらかで綺麗に見えました。

手ぶれ補正も効いています。

液晶画面を見ながらの撮影になりますが、
液晶の動きは素直で遅延がほぼありません。

あと操作方法、機能は至ってシンプルです。
水中で録画する時のみ色補正の為に
水中モードで録画する事以外に気にかけることは無いです。

取り出して電源オン、録画、電源オフ、通常これでOKです。

起動も早いです。

サイズがコンデジくらいの大きさで薄く、
コンデジの市販ケースに収まります。

また軽いですし、ケースに入れてベルトに
付けたりぶら下げて気軽に持ち歩けます。

動画を気楽に撮れるカメラとしてはとても良いと思います。

耐水、耐塵、耐衝ですし、
テレビにさっとHDMIで繋げれて見れるのもいいですね。



デメリットと克服



この動画の撮影ファイルはMP4です。

MPEG-4 AVC/H.264はかなり重い部類に入ります。

PC環境はそれぞれ違いますがPCに
オリジナルを入れて
そのまま見ようものなら多分カクつくかも知れません。

うちの環境はWin7 32bit ult 2.6デュアルコアで
メモリが7GB(OS使用分が3.5GB)

グラフィックカードはnVidia 8400GS 512MBで
使用ソフトは軽いsmplayer(フリーの
coreAVC)ですが、
カクついて快適に見れませんでした。

 オリジナルファイルを何らかにエンコードし直すか、
見たい時だけ本体にカードか
USBで転送すればテレビで快適に見れますが、

どうしても オリジナルをPCで快適に見たい場合
(カクついた人)は現在では
有料のcoreAVCドライバを購入するか、
あるソフトの体験版か製品版から
「CL264dec.ax」を含む
7つのファイルをお借りするしかありません。

それによってフリーソフトのMPCや
Qonohaでなめらかに再生することができました。

これはkodakがMP4形式を採用したのだから、
ユーザーがパソコンで快適に見るために
何とかするべきです。

最後に・・・
やっぱり60FPSは良い。

すごく良い。

被写体の間近で素早い動きによる
ブレやカクつきが無く本当になめらかに撮れている。

楽しみなカメラを入手できて嬉しい。

前モデルの60FPSで撮影されたものが
アップされているようです。

解像度720pを選択して
見てみてください。

ちなみに動画サイトの動画は25FPSか29.97FPSに変換されてます。





⇒ Kodak PLAYSPORT2の詳細は下の画像をクリック!






【Kodak PLAYSPORT2 通販、特徴の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。